御朱印巡り&サイクリング

突然、ロードバイクと御朱印巡りを思い立ったアラフィフの雑記帳

一筆放言啓上 ~国会議員の資質・児童虐待・報復人事~

こんばんは、アラフィフのロード乗り、たけゴンです。

みんな、花粉症は大丈夫ですか~~~ぁ。

 

たけゴンは完全ノックダウン。

頭は重いわ、体だるいわ、挙句の果てに声もでえへんわ、

で、今日は一日仕事を休んでしまいました。

 

退屈なんで(退屈なら仕事行け!)

色々なニュースを見たので、その完走をざっくばらんに。

 

国会議員の資質とは

一番下らなかったのがコレ。

headlines.yahoo.co.jp

要が安倍首相にあしらわれて、

役人(内閣法制局長官)に八つ当たりしたら、

皮肉られて逆切れしただけ。

 

野党は「官僚の国会軽視発言」、「内閣の法案が憲法に適合しているか法理的に詰める部署の長官としては失格。政治的な発言でまったくの越権行為だ」だの色めき立ち、

与党からも「(国会議員の)姿勢や態度を批判するなんてことはあり得ない。少し思い上がっているのではないか」との批判があるが、

要が当の国会議員の人間としての資質が低いだけ。当の議員が資質ある人物であれば、役人に小ばかにされることもなかっただろうに。

 

役人の資質を批判する前に、己の愚かさを省みろ!といいたい。

  

児童虐待

収まる気配のない児童虐待

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

  

もう一度言う!

親子完全分離と加害者の厳罰。

これしか虐待撲滅の方策はないよ。

 

今後の虐待問題の行く末は、この最後の一文に凝縮されていると思う。

「なぜ虐待したのか」を知ろうとせず、行政担当者の不手際を集団で吊るしあげて憂さ晴らししているだけでは、問題はなにも解決しないということです。このままでは同じような悲劇がまた起きるでしょう。 」

news.yahoo.co.jp

 

市長選挙

大阪市長が任期途中で辞任して選挙になるらしい。

news.yahoo.co.jp

大阪都実現のためにありとあらゆる手段を講じる。

ぶれない目標、その目標のために一切の妥協をしない政治姿勢。

先に触れた役人に小ばかにされた逆切れ国会議員連中は、少しはこの政治姿勢を見習ってはどうか。

 

ところで都構想とは何ぞや。

たけゴンの勝手解釈では、地方自治体が都道府県と市町村という二種類併存することによる弊害。

大阪府の言うことを聞かない大阪市にしびれを切らした大阪府大阪市を吸収しよう、さらにあわよくばもう一つの政令市である堺市も吸収しようとする策略である。

当然、吸収される側の大阪市堺市は反発する。

 

この問題の解決は二つだけ。

  1. 都道府県と市町村を解体し、地方自治体を全国200程度に一元化する
  2. 政令市をどこの都道府県にも属さない扱いにする(たとえば、北京市はどこの省にも属していないし、ワシントン市もどこの州にも属していない。それらと同じような扱いにするのだ)。

 

市長といえばもう一人。

headlines.yahoo.co.jp

もしも再選されたとしても一か月後には再び選挙。

それでも出馬に踏み切るのか、かなり悩まれたと思うが、予想以上の出馬要請に勝機を見出したのではないか。

それよりも、市長を追い出した、してやったり、と思った職員は戦々恐々としているのではないか? 私は市長当選後の粛清人事が楽しみである。

 

今日の放言はこれまで。 かしこ