御朱印巡り&サイクリング

突然、ロードバイクと御朱印巡りを思い立ったアラフィフの雑記帳

伊吹山ドライブウェイヒルクライムに参加しました

こんばんは、アラフィフのロード乗り、たけゴンです。

決戦の舞台、関ヶ原町へ

4月14日(日)は伊吹山ドライブウェイヒルクライムに行って来たぞ!

www.cycling-tomorrow.jp

兵庫県某所を午前3時に出発して、中国道名神を走ること2時間、
関ヶ原ICから5分程走れば到着。思ったより近いやん。

 

関ヶ原と言えば、誰もが知る天下分け目の決戦地。

私が利用した駐車場は、まさに決戦地のすぐそば。

f:id:takegon8:20190415225549j:plain

f:id:takegon8:20190415225552j:plain

 

こんな資料館の裏手の空き地でした。

f:id:takegon8:20190415225553j:plain

 

集合場所は関ヶ原町役場。

f:id:takegon8:20190415225546j:plain

 

しかし、この大会。時期が悪いのか、とにかく天気に恵まれへん。
昨年は前日の大雨のため急遽5km短縮の10kmコースで開催。
一昨年は積雪のためドライブウェイが全線開通できず同じく短縮10km、天気も小雨模様。
今年は3年ぶりにフルコース開催になったものの、予報は下り坂。

にもかかわらず、計測機材トラブルで大会進行が約10分遅れ。
おいおい、ただでさえ雨が心配やのに、勘弁してよ。

 

レースの目標・結果

そんなこんな、ぼやいているうちにスタート。(レース中はタイム優先のため、写真を撮る余裕はあらへん。)初参加の昨年度は短縮10kmをほぼ40分フラットで走ったので、そこから考えて今年の目標は、Just One hourにしました。

 

スタートして間なしに見える「2km」の看板。
しかし、私のサイクルコンピューターは1.5km。
昨年は迷いながらも大会本部を信じてペース配分したら、最後の力を振り絞る前にゴール  (-_-メ)
なので、今年は自分のサイクルコンピューターを信じることに。

 

昨年のゴール地点を・・・、約40分で通過。
ジャスト1時間が視野に入るいいペース。

 

そして残り約2km、

ちょっと勾配がきつくなりペダルの回転数を上げるためにダンシング(立ち漕ぎのことね)をしようとハンドルに力をいれた瞬間、大腿四頭筋にピシッと痛みが。
やばい足攣る・・・、ダンシングを中止して、そのままシッティングでペダルを回す。
足は攣らなかったものの、大腿四頭筋はぴくぴくしている。
明らかに限界。やむなくシッティングのまま前に進もうとするが、きつくなる勾配とここまでの足の疲れ、そして無理をすると足を攣るという恐怖心から思ったようにペダルの回転数を上げられへん。

 

完全に失速、次から次へと抜かされていく。
そして霧の中、ゴール。
タイムは1時間越え。
順位は、昨年を大きく下回り、上位10%どころか、20%以内も逃す惨敗。

f:id:takegon8:20190415225555j:plain

 ゴール地点は残雪あり&濃霧&本降りの雨でした。

足攣り予防

今年の冬は花粉症がひどいうえに、そもそも週末の雨が多くてロードに乗る時間は昨年より少ないものの、スクワットやタバタメソッドで基礎体力をつけ、電解質をしっかり取ってふくらはぎの足攣り対策もしたので、昨年よりはいい走りができると思ったので、この結果はショック。

 

  • 脚力不足か?→毎日の通勤で軽く坂道を走り、まめにスクワットをしてきた。
  • 心肺不足か?→まだ不足しているかもしれないが、これは引き続きタバタ式で鍛えるしかない。
  • 大腿四頭筋の攣り?→自己分析としては、これが要因。大腿四頭筋が攣りそうになったため、ダンシングを封印せざるを得ず、最後の1~2kmでスピードが維持できずに失速したのは大きいと思う。

早速、ウチに戻ってからググってみると・・・、それらしいのがあるやないか。
大腿四頭筋の柔軟性不足」
とにかく全身いたるところ固い私はこれに違いない。

 

よし、今日から大腿四頭筋をストレッチしまくって、次は7月の神河ヒルクライム

f:id:takegon8:20190415225547j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!!