御朱印巡り&サイクリング

突然、ロードバイクと御朱印巡りを思い立ったアラフィフの雑記帳

御朱印巡り 真言十八本山編 ~清荒神清澄寺の巻~

こんばんは、アラフィフのロード乗り、たけゴンです。

今日は、3月2日Satの清荒神清澄寺についての記事です。 

コース案内

 清荒神清澄寺中山寺から電車で2駅しか離れていないので、

中山寺から案内します。

 

ロードバイクを止めたダイエーから出発です。

国道176号線を西に向かって走ります。 

f:id:takegon8:20190224221244j:plain

 

ず~っと西へ走ると、中国道と交差する。

ここから路肩がほとんどなくなり、ちょっと怖いが、

めげずに、さらに西へ西へ向かうと、右手にこんな看板が。

f:id:takegon8:20190302221207j:plain

 「車は直進」と書いているが、路肩のない道は少しでも早くおさらばしたいので、

右折すると、阪急電鉄清荒神駅にたどり着く。

f:id:takegon8:20190302221208j:plain

 実は踏切を渡ると清荒神までお店が連なる参道があり、楽しいのだが、

昼間は車両通行止めとなる細い道なので、今回は参道を迂回する。

 

ちなみに参道にはこんなお店が。

f:id:takegon8:20190302221203j:plain

 

 参道を迂回して線路沿いに進むと山手に向かう幹線道路に突き当たるので、

この道を登っていく。

f:id:takegon8:20190302221145j:plain

 

なかなかの激坂だが、距離は短いので、めげずに登る。

f:id:takegon8:20190302221146j:plain

 

中国道をくぐると到着です。

f:id:takegon8:20190302221147j:plain

 

境 内 案 内

山門

 

f:id:takegon8:20190302221149j:plain

  

境内案内図

こちらのお寺、このブログタイトルを見れば気づくかもしれんが、

昔の日本のあるべき姿? 神仏習合、神社&お寺である。

f:id:takegon8:20190302221152j:plain

ちなみに参拝順路は、まず境内左手の神社をお参りしてから、

お寺の本堂に向かうようである。 

 

神社本殿

こちらが神社。

f:id:takegon8:20190302221155j:plain

 なかなか立派。

数珠片手にお経を唱えているおじいちゃんがおったが、

私はその横で二礼二拝一礼、神社の作法に則ってお参りをした。

 

本堂

こちらがお目当ての本堂。

f:id:takegon8:20190302221201j:plain

左手に納経所があるので、そちらで御朱印をいただく。

 

山門脇の大イチョウ

山門をくぐってすぐ右手前方に大きなイチョウの木がそびえたつ。

もちろんこの時期は味気のない大木に過ぎないが・・・。

f:id:takegon8:20190302221202j:plain

黄葉の時期になるとこんな感じ

f:id:takegon8:20190304233056j:plain

 

御朱印

清澄寺御朱印です。f:id:takegon8:20190302221205j:plain

f:id:takegon8:20190302221206j:plain

 

残り16山。次は須磨寺の予定。

 

データ

 真言三宝宗大本山
本尊は大日如来
兵庫県宝塚市米谷清シ1番地
阪急電鉄宝塚線清荒神駅から徒歩25分。
(参道沿いのお店に寄り道ばっかりしていたら、2時間以上???)

清荒神清澄寺 完