御朱印巡り&サイクリング

突然、ロードバイクと御朱印巡りを思い立ったアラフィフの雑記帳

千葉山(和歌山県)ヒルクライム

アラフィフのロード乗り、たけゴンです!

ブログが全然追いつかない。
あまりの筆不精ぶりに我ながらあきれ返る。

ラルプ・デュエズ

ラルプデュエズといえばロード乗りなら知る人ぞ知る、ツール・ド・フランス随一の絶景ヒルクライムコース。
そして千葉山は、ロード乗りなら知る人ぞ知る、絶景コース。
その美しさからいつしか、「日本のラルプ・デュエズ」とネットで拡散された。
私もネットで見て、これはぜひとも行かねばと思っていたが、一人だと思うばかりで行動が伴わない。

そんな折、「今度、日本のラルプ・デュエズ和歌山県の千葉山に行くよ。」
と3月に新たに仲間に入れていただいたばかりのサイクリング同好会から
お声がけいただいた。

さいころから団体行動は苦手であるが、
この同好会はそんな気難しい新参者を受け入れて、お声がけもしてくださり、
うれしい限りである。

ちばやま? せんばやま?

たまたま知り合いに和歌山出身の方がいたので、「今度、“ちば”山行くんだよ。」と話しかけたら、「ちばやま?」。
ん〜、そんな大きな山じゃないから知らないのかなぁ。
「有田川沿いにある、景色のきれいな山なんだ。」と説明すると、「ふ〜ん。」と気のない返事。

日本のラルプ・デュエズといったところで、ロードに乗っていない人にとって、ツール・ド・フランスゆかりのフランスの地名なんて知らないだろうから、千葉山も知らないのかな。

そして迎えた当日。行きの車中、同好会の会長さんが、
「今日行く“せんば”山はね、・・・。」
えっ??? 今、なんとおっしゃった?
「“せんば”山がどうかした?」

あ〜、“ちば”じゃなくて、“せんば”ね。
道理で和歌山県出身の方も知らないはずだ (+_+)

国道42号線から千葉山(せんばやま)へ

何はともあれ、2時間もかからずJR海南の駅前に到着。
一日400円のコインパーキングに駐車して(近くに300円のパーキングもあり)、スタート。

ここから南に下って有田川へ、分かりやすい道は国道42号線なのだが、この道はロードバイクにとって別名「死にGO(42号)!線」と呼んで遜色ないぐらい、路肩がなく車が多い。
しかしそこは自転車王国を目指す和歌山だけあって、ちゃんと抜け道がある。

抜け道のおかげで、ダンプに幅寄せされることもなく無事、有田川までたどり着いたら、次は川沿いを西へ。
舗装がきれいなため、上流に向かって進んでいるにも関わらず軽く回すだけで30km/hオーバーが出る。快速サイクリング!

そして登山口からヒルクライム開始。
素晴らしい、まさに絶景である。

f:id:takegon8:20190604212346j:plain

f:id:takegon8:20190604212339j:plain

 
ココは観光地ではなく、単なるミカンの段々畑の頂上。 風車が何基か風に吹かれて回っているだけで、何にもない。 売店もコンビニも自販機すらもない。 登られる方は水分補給の準備だけはお忘れなく。

f:id:takegon8:20190604212335j:plain


ここまで、お読みいただきありがとうございます。