御朱印巡り&サイクリング

突然、ロードバイクと御朱印巡りを思い立ったアラフィフの雑記帳

御朱印巡り−泉湧寺- 

真言宗十八本山編− 泉湧寺

アラフィフのロード乗り、たけゴンです!

 

かなり古い話になってしまったが、令和元年(2019年)5月3日は、京都市内にある真言宗十八本山のうち3か所を廻ってきた。2番目は泉湧寺(せんにゅうじ)。
(1番目の救王護国寺・東寺はコチラ)


東寺から東へロードバイクを走らせること10分弱、「泉湧寺道」の信号を右折し、地図に泉湧寺道と書かれた緩い登り坂をまっすぐ走ると到着。と思いきや、駐車場はさらに先。さらに勾配がきつくなる道をもう少し進まなければいけない。坂を苦手としている方は気を付けて。

山門で拝観料を払って境内に入ると、本堂はドンと地盤が下がっている。

施設案内によると“下り参道”を進むと本堂に行き当たると書かれている。

見たままで分かりやすいね。

f:id:takegon8:20190507224138j:plain


本堂内は余計な装飾がなくガラ〜ンとした中に本尊である釈迦如来阿弥陀如来弥勒如来の三尊が鎮座する。御堂内のシンプルさがかえって如来三尊の美しさを引き立てており、とても見ていて気持ちがいい。
御朱印巡りでもう一か所参拝&ロードバイクで帰宅3時間でなければ、このまま1時間ぐらいぼぉ〜としたい心地よい静寂のある本堂である。

本堂から少し離れたところには、新天皇陛下御即位の記帳所。

f:id:takegon8:20190507224148j:plain


記帳を済ませてから、ありがたい御朱印もいただきました。

f:id:takegon8:20190507223624j:plain


私はこのお寺の境内の静寂さ、ご本尊の美しさ、かなり気に入りました。
ここまで、お読みいただきありがとうございます。